こんにちは、
はねだ ともです。

お立ち寄りいただきありがとうございます。こちらに訪れた全ての方に幸せが訪れることを願っております。

こちらの写真を見ながら、
「はねだ とも からのエネルギーを受け取ります」と宣言してください。
あなたに必要なエネルギーが送られます。
起床後やお昼休み、仕事終わり、就寝前など、何回でもこちらのサイトに立ち寄ってエネルギーを受け取ってくださいね。
写真は定期的に変更しますので、お楽しみに。

誰も教えてくれない
本当の話シリーズ。

はねだ とも

『貧乏神』から愛される人、『神様』から守られる人

 

*『貧乏神』から愛される人、『神様』から守られる人*
~誰も教えてくれない本当の話①~

 

ありがとうございます。
四柱推命鑑定士、レイキヒーラーの
はねだ ともです(^-^)

 
私が四柱推命を用いていろんな方を鑑定してきた中で、貧乏神がついている人にはどうも特徴があることに気が付きました。
貧乏神とは、人からお金や良縁を奪っていくものです。
以下に、貧乏神に愛される人の特徴と、神様に守られる人の特徴を記載します。
これを読んで、少しでも何かの気付きになれば幸いです(^-^)
 

〇食事
・貧乏神から愛される人→
好き嫌いが多い、誰よりも速く食べ、食べた後のお皿が汚い
・神様から守られる人→
好き嫌いがない、食べ物に感謝する、適度なペースで食べ、食べた後のお皿が綺麗
 
〇言葉遣い
・貧乏神から愛される人→
『金(かね)』『飯(めし)』『食う(くう)』『〜ッス』
・神様から守られる人→
『お金(おかね)』『ご飯(ごはん)』『食べる(たべる)』『〜です』
 
〇車の運転
・貧乏神から愛される人→
急発進や急ブレーキ、遅い車にベッタリついて煽る、追い抜くために車線変更を繰り返す、道に入りたそうな車を見つけても絶対に譲らない
・神様から守られる人→
いつも落ち着いて安全確認をしながら走行する、道を譲ったり歩行者に配慮している
 
〇お金が少なく生活に苦しい時
・貧乏神から愛される人→
「金がない、金がない」と口癖のように言う
・神様から守られる人→
「経済的に厳しく裕福な生活ができるわけではないが、最低限生活できるお金があって有り難い」と感謝している
 
〇髪型
・貧乏神から愛される人→
いつもボサボサでツヤがない
・神様から愛される人→
きちんと整っていてツヤがある
 
〇お金の支払い方
・貧乏神から愛される人→
投げるように乱暴に置く
・神様から守られる人→
丁寧に音を立てないように優しく置く
 
〇表情、言動
・貧乏神から愛される人→
いつも無表情で暗く、ネガティブな発言をする
・神様から守られる人→
いつも笑顔で明るく、ポジティブな発言をする
 
〇掃除
・貧乏神から愛される人→
トイレが汚い、玄関にたくさんの靴が出ており乱雑している、雑誌や新聞がたくさん積みっぱなしで置いてある
・神様から守られる人
トイレが綺麗、玄関には必要最低限の靴しか出ておらずスッキリしている、雑誌や新聞は必要最低限の分だけ置いてある
 
いかがでしょうか?
ハッとされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
どうやら神様から守られる人というのは、心・行動にゆとりや豊かさがある人のようです。
また、神様は綺麗な場所をとても好まれます。
 
貧乏神がついているから貧しくなるのではありません。
貧しい行動をとっているから貧乏神に愛されてしまうのです。
 
あなたには関係ない話でも、ご家族や友人に思い当たる方がいたら、さりげなく教えてあげてください。
よくある話だと思われたなら、素晴らしい行動をしている自分を褒めてあげてください。
 
私は、ああしなさい、こうしなさい、とは言いません。
ただ、できれば貧乏神とはサヨナラをして、神様に守られたいものですね(^-^)
 
ありがとうございます。
 
 

はねだ とも

『得るもの』と『失うもの』*

 

*『得るもの』と『失うもの』*
~誰も教えてくれない本当の話②~

 

ありがとうございます。
四柱推命鑑定士、レイキヒーラーの
はねだ ともです(^-^)
さて、人は人生の中でたくさんのものを得ることができます。
お金、仕事、友人、恋人、家族、家、車、、、
数え挙げればきりがありません。

 
その逆に、生きていれば失うこともたくさんあります。
大切な家族をなくしたり、仕事を失ったり、何かの拍子に人間関係が崩れたり、、、
そして失うというのはとても辛く悲しいものですよね。
 
ただ、『失う』ということは、実は人生においてとても大切で、明るい未来が約束された証だということをご存知でしょうか?
 
???
 
と思った方は、ゆっくり続きをお読みください。
 
人生においての『得るもの』と『失うもの』というのは、呼吸と非常によく似ています。
それを説明していきますね。
 
息をたくさん吸ってみてください。
ずっとずっとずーっと限界まで吸い続けてみてください。
そうすると、とても苦しいですよね?
息を吸うことばかりになってしまうと、過呼吸になってしまいます。
では、今度は吸った息をたくさん吐きましょう。
とても楽になりましたね。
息をたくさん吐けば、吐いた分だけまた大きく息を吸うことができます。
 
ここで話を戻しますが、
 
呼吸における吸うというのが『得るもの』、吐くというのが『失うもの』です。
 
人生を送っていれば、息を吸うように、たくさんのものを『得る』ことができます。
ただ、先ほどお話したように、吸って吸って吸い続けると限界がきます。
だから吐き出さなければなりません。
その作業が、『失う』ということなんです。
一旦得たものを失うことによって、バランスを整えているんですね 。
そして、息をたくさん吐けば、またたくさん息を吸うことができるように、
 
人生は、
『失うもの』がたくさんあれば、それ以上に『得るもの』がたくさんあるということです。
つまり、
『失う』というのは必然に起きることで、これからの明るい未来が約束さているということです。
 
いかがでしょうか?
 
大切な家族や恋人をなくしたり、仕事やお金を失うというのは、とても寂しいものです。
でもそれは、これからあなたが今まで以上に、もっとたくさんのものを得ることができるための下準備です。
何も怖いことはありません。
何かを失った後のあなたは、素晴らしい人間関係が築けたり、天職のような仕事が見つかったり、自分にとって大切なお金を手に入れたりするチャンスが巡ってくるはずです。
そのチャンスを逃さないように、しっかり前を向いて生きていきましょう。
大切な縁を無くさないように、笑顔で明るく幸せを呼び込みましょう。
 
人生に意味のないことはありません。
そして、あなたが歩んできたこの道に間違いはありません。
これからは、堂々と笑顔で、約束された希望に向かって歩を進めていきましょう。
 
ありがとうございます。

はねだ とも

『運勢』の真実

 

*『運勢』の真実*
~誰も教えてくれない本当の話③~

 

ありがとうございます。
四柱推命鑑定士、レイキヒーラーの
はねだともです(^-^)

 
あなたが、運勢が良い・悪いと思うのはどのようなときですか?
また占い師の方に、今年は運勢が良いです、来年は運勢が悪いです、と言われたことはありますか?
私も分かりやすくお伝えするために、運勢が良い・悪いという言葉を選ぶことがあります。
 
しかし、
本当は運勢に良い・悪いというのはないのです。
むしろ、運勢には良い時しかない、という風に表現せざるを得ません。
そのことについて詳しく説明していきます。
 
話を戻しますが、あなたが運勢がいいと思うときはどんなときでしょうか?
仕事がうまくいった、臨時収入があった、想い人と結ばれた、、、
等でしょうか。
 
では、運勢が悪いときはどんなときですか?
仕事がうまくいかない、病気になった、事故にあった、お金がなくなった、恋人と別れた、、、
等でしょうか。
 
ここで運勢についてお話します。
実は運勢というのは『季節』とよく似ており、そこで起きる出来事というのは、作物を育てることに非常によく似ています。
簡単に言えば、
 
春に種を撒き、夏に成長し、秋に収穫、冬は新しい春のための準備期間だということです。
 
さて、実は皆さんが運勢がいいと思うときというのは、秋の収穫時期を指すことがほとんどです。
というのも、何か自分にとって良いものを得たり出会ったりしたときに、運勢がいいと感じる方が多いようです。
 
では、収穫時期の秋以外の季節は必要ないのでしょうか?
答えは、ノーですよね。
春に種を撒かなければ、そもそも収穫できません。
夏に成長しなければ、大きく熟した作物を収穫できません。
冬に田や畑を休ませ、栄養を蓄えなければ、1年間作物が育つ土台はできません。
つまり、
 
全ての時期に意味があり、全ての時期は大切で、必要不可欠なんです。
 
一方で、皆さんが運勢が悪いと思うときや、何かを失って悲しいと思うときは、冬の時期を指すことが多いです。
秋に収穫した後、冬の田や畑というのは、一見すると寂しいものです。あれだけたくさんの作物があったのですから、そう思うのは当然かもしれませんね。
では先ほども言いましたが、冬は必要ないのでしょうか?
答えはノーですね。
 
例えば、あなたが運転をしていて、交通事故を起こしてしまったとします。
「あぁ、なんて自分は運が悪いんだ、、、車の修理をしないといけない、お金もかかるし保険料も高くなるし、もう最悪、、、」
と思ってしまうでしょう。
しかし、こういう考え方もあります。
「事故を起こしてしまったけど、最近不注意になっていたし、気付けばスピードを出していることが多かった。まずは命があってよかった、もっと大きな事故にならなくてよかった、誰かを傷付ける前に気付けてよかった、これからはもっと注意して運転しよう。」
 
前者の考え方は、収穫後の何も無い畑を見て、「あれだけたくさんあった野菜が無くなって寂しいなー」と、ただ嘆いているだけです。
後者の考え方は、収穫後の何も無い畑を見て、「来年はもっと収穫できるように、作物を育てるためにはどうしたらいいか考えよう」と、来たるべき季節に備えようとしています。
 
どちらも冬の季節の出来事です。
さて、あなたはどちらの考え方を選びますか?
 
もともと冬という季節は、秋に収穫した食料を大切に食べ、できるだけ外に出歩かないようにする季節でした。
動物も同じで、秋にたくさん食べて蓄え、春まで冬眠します。
暖かくなる春まで耐え忍ぶ、というイメージですね。
 
そんな季節のはずなのに、寒さを生かしたウィンタースポーツがあったり、人を感動させるようなイルミネーションをしてみたり、今は楽しいイベントがたくさんありますよね。
冬という季節は変わっていません。
人間の考え方によって、冬を楽しい季節に変えてしまったのです。
 
人生は収穫の時期ばかりではありません。
というより、収穫ばかりするのは不可能です。
何か自分にとって良くないと思うような出来事が起きたとしても、考え方をカチッと変えてしまえば、それは自分を成長させるために必要不可欠な出来事になります。
先ほどの事故の例がまさにそうです。
起きた出来事をただ嘆いているだけでは、成長に結びつきません。
なぜ今このタイミングで、その出来事が起きたのかを考えなければなりません。
冬がこないと春に花を咲かせられないように、人生にもそのような時期や経験が必要なんですね。
 
冬は終わり、やがてまた新しい春がきます。
そのとき、新しい季節を楽しく迎えられるかどうかは、自分の考え方次第です。
 
今回は『運勢』のお話です。
運勢には、季節のような特徴や違いがあるだけで、良い・悪いということは決してありません。
起きた出来事に対して、良い・悪いの意味づけをしているのは人間です。
本来は、運勢には『良い運勢』しかありません。
どんな運勢も自分の成長にとっては必要不可欠で、大切なものです。
 
春のような運勢
夏のような運勢
秋のような運勢
冬のような運勢
 
人生に巡ってくる、全ての大切な運勢に考え方を合わせながら、明るく楽しく心を豊かにしたいものです。
 
ありがとうございます。

はねだ とも

『金運』と『お金』

 

*『金運』と『お金』*
~誰も教えてくれない本当の話④~

 

ありがとうございます。
四柱推命鑑定士、レイキヒーラーの、
はねだともです(^-^)

 
『お金』というのは、私たちの日常生活で切っても切り離すことができないとても大切なものです。
そして『金運』という言葉をみなさんよくお使いになります。
では、金運とは一体何なのでしょうか?
 
・財布の〇〇倍があなたの年収
・お札の向きを揃える
・財布の中は整理整頓しておく
・金運アップヒーリング
 
金運アップに興味のある方は、このような話を聞いたことがあると思います。
では、一体何が本当なのでしょうか?
 
実はほとんどの方が、『金運』というものの本当に大切な本質をご存知ありません。
また、『金運』を高めるためには、『お金』に愛される必要があります。
これを知らずして、お金を貯めるのは絶対に不可能です。
それでは、ゆっくりご説明していきます。
 
まずは、お金に愛される方法です。
簡潔に言うと、お金は自分を大切にしてくれる人を好きになります。
お金というのは紙幣や硬貨ですが、実は命の宿る生き物です。
それぞれに意思や気持ちがあり、自分を扱ってくれる人がどんな人かを見定めています。
人間も同じですよね?
やはり、ぞんざいに扱われて良い気持ちのする人はいません。
 
・お金を支払うときは優しく丁寧に差し出し、お金に対してありがとうと言う
・お札の向きを揃える
・お札は折らない
・『金(かね)』ではなく、『お金(おかね)』と呼ぶ
・お金が寂しくならないように、財布の中は少し多めのお金を入れてあげる
・財布の中は整理整頓しておく
・財布の値段は関係なく、どれだけ安くてもその財布を長く大切に使う
 
ご存知のことと、ついうっかりしてしまっていることがあるかと思います。
特に気を付けていただきたいことは、神社やお寺に参拝され、御賽銭を入れるときです。
多くの方が放り投げるようにお金を入れています。
そもそも作法として良くありませんし、せっかく参拝しているのにお金に嫌われるようなことをしてはいけません。
御賽銭も、優しく丁寧に音を立てずに入れるのがポイントです。
 
そしてお金に愛されるために1番大切なことは、
『必要のないことにお金を使わない』
ということです。
お金が大切にされていると1番感じるのは、自分を大切に使ってくれるときです。
ただ単に節約をしなさい、と言っているわけではありません。
必要かどうかを自分に問うてみて、自分の価値観の中で本当に必要な物であれば、誰に何を言われてもお金を使ったらいいんです。
 
さて、あなたは本当にお金が好きですか?
それとも、本当は買い物が好きですか?
 
買い物をたくさんすると、楽しくなりますよね。
それって凄くいいことなんです。
ただ、自分はお金が好きなのか、買い物が好きなのか、それは把握しておかなければいけません。
お金が好きな人は、通帳の金額が大きくなったり、手元にあるお金が多いと幸せを感じます。
買い物が好きな人は、いろんなものを買ったときに幸せを感じます。
どちらに良い、悪いということはありません。
幸せを感じられるほうに感謝してください。
お金を使っておいて、お金がないと嘆くのはやめてあげてくださいね。
 
これらの話が当たり前だと思われた方は素晴らしいです。
これからもその素晴らしいお金の扱い方を心掛けてくださいね。
 
続いて、『金運』の話をします。
『金運』とは何でしょうか?
宝くじが当たることでしょうか。臨時収入が入ることでしょうか。
確かに、それも間違いではありません。
多くの方は金運というと、お金の『入口』(収入)にしか目を向けていません。
しかし金運の大切な本質は、お金の『出口』(支出)のことなんです。
 
勤めてらっしゃる方が一生に手に入れられるお金というのは、だいたい決まっています。
宝くじが当たって億万長者になる方というのは、ほんのごくごく一握りしかいません。
その夢ばかりを追うのではなく、一度現実に戻りましょう。
 
よく病気になったり怪我をして、病院通いをしている方はいませんか?病気になって病院に通うのも、お金の出口が大きくなる要因です。
もちろん、病気になるのが悪いとは言っていません。たた、生活リズムを整え、バランスの良い食事をし、不摂生を治せば、そもそも病気にならないかもしれません。
体調管理と金運というのは、実は非常に密接に結びついているんです。
 
また、すぐ物を無くしたり壊したりする人、いらない出費がありますよね?
無くしたと思って買い直したらすぐに部屋から出てきた、、、なんて経験ありませんか。
物を大切に扱う、部屋を綺麗にしてどこに何があるかを把握しておく、無駄な買い物を減らす、というのは、金運と切っても切り離せない大切なことなんです。
 
多くの方が、お金の入口のことだけを気にされて、お金が無い、貯まらないと嘆いてらっしゃいます。
しかし、それはおかしいんです。
本当に金運の良い人というのは、体調管理をしっかりし、物を大切に扱い、必要なものだけを買い、お金の出口が狭い人のことです。
そしてそのような生活をしている人だからこそ、もっとお金に愛されるんですね。
 
さて、最後に『金運アップヒーリング』に触れます。
もし施術者の方がいらっしゃいましたら、気を悪くさせてしまうかもしれません。先に謝らせていただきます。
私はヒーラーとして活動しています。
その中で、よく金運アップのヒーリングをお願いされることがあります。
しかしその場合、基本的にお断りしています。
もし金運アップヒーリングができるなら、絶対に私は他人にヒーリングをしません。
私自身にヒーリングをし続けて、私が億万長者になります(笑)
冗談は置いておいて、、、
お金は大切に使われてこそ、その人のそばにいたいと思うようになる、という話をしました。
金運アップヒーリングを受けられる方、1度考え直してみてください。
お金がほしいんですよね。
お金を貯めたいんですよね。
それならば、金運アップヒーリングに高いお金を払うのではなく、どうかそのお金を、大切に財布の中にしまってあげてください。
その方が、お金は喜んであなたのそばにい続けてくれると私は思います。
本当に金運アップを願うならば、効果が未知数のものにお金を使うのではなく、どうかお金に愛される使い方、扱い方をしてください。
ただし、ヒーリングにすがるのではなく、日常生活に少しスパイスを加えるという意味では、私も否定はしていません(^-^)
 
『お金』に愛される人こそが『金運』アップに繋がっていきます。
金運というのはとてもとても深いもので、日常生活の様々な場面に密接に関係しています。
よく、『お金は魔物』という表現がされますが、お金は決して魔物ではありません。
お金を扱う人間の欲望が魔物なのです。
これからは、お金に対して悪口を言うのは絶対にやめましょう。
自分の手元にあるお金が少なくても、そばにいてくれることに感謝しましょう。
あなたが愛する人を大切にするように、お金のことを心から大切に想ってあげてください。
そして、あなたのそばからお金が離れられないように、魅力的で豊かな人生を送っていきましょう。
こちらをお読みいただいた理由は、人それぞれだと思います。
でも、これだけは覚えておいてください。
『金運アップ』というものに魔法のようなものは絶対ありません。
もし魔法のようなものを願っている方には、こちらの内容はガッカリかもしれません。
ただし、日々の生活でお金を大切にしていくことが、金運アップの何よりも1番の近道だということは約束します。
 
ありがとうございます。

はねだ とも

『幽霊』と『除霊』

 

*『幽霊』と『除霊』*
~誰も教えてくれない本当の話⑤~

 

あなたは、幽霊に取り憑かれたことがありますか?
除霊を受けたことがありますか?

 

ありがとうございます。
四柱推命鑑定士、レイキヒーラーの、
はねだともです(^-^)
今回は『幽霊と除霊』について、お話したいと思います。

 
『幽霊』とは、人が死ぬと体から魂が抜けるのですが、それが成仏せずに現世に漂っているものをいいます。
『除霊』とは、簡単に言うと、取りついている幽霊を体から引き離すことです。
 
幽霊に取り憑かれることを、波長が合う、と言います。
つまり、テレビのチャンネルを合わせるように、幽霊が一瞬でその人に取り憑くのです。
 
一体なぜ、人は幽霊に憑かれてしまうのでしょうか?
高いお金を払って除霊してもらわなければ、幽霊はいなくならないのでしょうか?
そのことについて、1つずつ説明していきます。
 
実は、ほとんどの人が今現在幽霊に憑かれています。
驚きでしょうか。
人によって様々ですが、多い人なら何十体と幽霊に憑かれていることもあります。
ただし、
 
憑かれている=悪いことが起きる
 
というわけではありません。
その人の居心地がよくて、ただそばにいるだけなのかもしれません。
そこの認識だけ間違えないでくださいね。
 
先ほど、波長が合う、と言いましたが、その人の心の状態と、幽霊の心の状態がマッチしたときに、時間や場所を超えて、まるでチャンネルを合わすかのように一瞬で飛んできます。
では、どんな心の状態かというと、それはネガティブな心の状態の時に幽霊が飛んでくるんですね。
 
幽霊として現世に残ってしまっている人は、何か未練があったり後悔があったりして、とても暗くウジウジしています。
「毎日幸せ!充実した生活だ!」とニコニコしている幽霊はいません。
そんな幽霊がいたらとっくに成仏しています(笑)
 
つまり、
人の心が暗くネガティブな状態になったとき、同じ波長を持った幽霊に憑かれてしまう
ということです。
 
言い換えれば、
いつも明るくポジティブな心の状態を保っていれば、幽霊に憑かれることはない
ということです。
 
次に、『除霊』の話をします。
除霊というのは、簡単に言えば外科手術のようなものです。
私も行うことがあるのですが、憑いている幽霊を強制的に引き離します。
手術で、悪いところを取り除くのと同じ原理ですね。
除霊を行うと、少しの間は体や心が楽になることがあります。
 
しかし、
除霊というのは、あくまでその時に悪いものを取り除くだけです。
例えば、病気になる人の多くは、生活習慣が乱れています。その結果、病気になってしまうのです。
手術をして体から悪いものを取り除いても、生活習慣を治さないことには、再発したり新たにまた別の病気にかかってしまいますよね?
除霊もそれと全く同じです。
その瞬間、除霊をして悪いものを取り除いても、人の心が暗くネガティブなままだと、またすぐに同じ幽霊に憑かれたり、新たな幽霊を呼び寄せるだけです。
そうすると、高いお金を払って除霊してもらっても、ほとんど意味がなくなってしまいます。
 
繰り返しになりますが、ほとんどの人が幽霊に憑かれています。
ですので、もし霊能力者を名乗る方に、
「あなたは幽霊が憑いています。除霊をしないと不幸なことが起こります」
なんてことを言われても、全く気にしないでください。
そしてその言葉に不安になって、高いお金を払って除霊してもらうのは絶対に避けてください。
(ごく稀に、除霊が必要な場合はあります。しかし大多数ほとんどの場合、害のない浮遊霊が憑いているだけで、除霊は全く必要ありません。)
 
幽霊が憑いているのは当たり前なんです。
そしてそれは、自分の心の持ち方によって、一瞬で自分で除霊できてしまうのです。
 
もう一つ大切なことです。
「ご先祖様が苦しんでいる。助けてあげないとあなたに災いが起きます。」
というのも、基本的に無視してください。
今回は詳しく記載しませんが、ご先祖様の苦しみは除霊では解決しませんし、それとあなたに災いが起こるかどうかは全く関係ありません。
ご先祖様が苦しんでいると聞けば、何とかしてあげたくなるのが人情です。しかし、ご先祖様はご先祖様の都合で、苦しみながら修行している最中なんです。
霊能力者を名乗る方にそのようなことを言われても、お金を払うようなことは絶対しないでください。
 
先ほど、
いつも明るくポジティブな心の状態を保っていれば、幽霊に憑かれることはない
とお伝えしました。
他に有効な手段として、
 
・体を鍛えたり、運動して汗を流す
・いつも掃除をして綺麗にしておく
・自分自身の身なりを綺麗にしておく、綺麗な言葉を発するように心掛ける
 
体を鍛えたり運動をすると、その健康な体に幽霊が憑くのは非常に難しくなります。元気ハツラツの体をネガティブな幽霊は嫌うので、これは他の何よりも有効です。
また、掃除をして綺麗にしておくと、そこは神様に守っていただける場所になります。
そしてもう一つ、自分を綺麗にしておくというのも大切なことです。
あなたの発する言葉や姿を綺麗にしておけば、あなたも神様から守っていただけるようになります。
 
除霊をお仕事にされている方がこちらをお読みになることがあれば、商売の邪魔をして本当にごめんなさい。
しかし、真実をお伝えせずにお金儲けをするのは間違っていると私は思います。
もちろん、本当に除霊が必要な場合はあります。
その時は困っている方を一生懸命救ってあげてください。
 
いかがでしょうか?
お金を払って除霊をお願いしなくても、自分の心掛け次第で簡単に除霊はできます。
そしてそのほうが、根本的な問題から解決しますので、今後も幽霊に憑かれない人生を送ることができます。
霊感商法のような形で高いお金を払ってしまう人があまりにも多いので、今回このような形でお伝えすることに決めました。
商売の邪魔をされたと批判の声があるのは覚悟しております。
また、除霊によって救われた方もいらっしゃると思いますので、その方々にも少なからず失礼な発言だったかと思います。
この話をご存知なかった方は参考にしていただければ幸いです。
 
ありがとうございます。

はねだ とも

『民主主義』と『完璧主義』の歩み方

 

*『民主主義』と『完璧主義』の歩み方*
~誰も教えてくれない本当の話⑥~

 

ありがとうございます。
四柱推命鑑定士、レイキヒーラーの、
はねだともです(^-^)

 
さて、突然ですが、あなたは『完璧主義』ですか?
もしそうであるなら、完璧主義であるが故に苦しいことはありませんか?
私も以前は完璧主義でした。
自分が納得するところまでやらないと気が済まない、そして、それを他人にまで強要してしまう、なんとも傲慢な人間でした。
 
完璧主義のあなたの肩の荷物を少し下ろして、心が軽くなる生き方をご紹介します。
タイトルから、ある程度は察することができるとは思いますが(笑)
完璧主義でない方も、参考に目を通していただければ幸いです。
 
まずは、私自身の話をさせてください。
いつからかは分かりませんが、自分が様々なことに対して完璧主義であることに気付きました。
例えば、ショッピングセンターを歩いていて、ゴミが落ちているとします。基本的に、ほとんど拾ってゴミ箱に捨てていました。
拾ったのはいいものの、ゴミ箱がなくて困ってしまう場所もありました。
しかし、拾わずにはいられないのです。
決して良い人なんかではなく、落ちているゴミを見つけたのにも関わらず、何もしないまま家に帰ると、自分がとても苦しくなるんです。
あの時、ああしておけばよかった、こうしておけばよかった、、、
かなり変わってますよね(笑)
 
そしていつの間にか、自分が勝手にしている行動にも関わらず、ゴミを拾わない人を見るとイライラするようになりました。
みんな見ているはずなのに何もしないのは、
なぜ?なぜ??
この頃には、車を運転していて道路に落ちているゴミを見つけた時も、車を止めて拾いにいきそうなくらいの勢いでした。
かなりおかしいですね(笑)
 
そんな時、テレビの選挙特番を見ていました。
選挙特番が好きでよく見るのですが、普段は気にも留めない『過半数』という言葉にその日だけ妙に引っかかりました。
当たり前のことですが、日本という国は民主主義です。
過半数を取れば勝ちなんです。
 
「100点を取らなくても51点取れれば勝ちなんだ、完璧じゃなくていいんだ」
 
そう思った時、自分の中で何か肩の荷が下りたような気がしました。
 
それからは、道にゴミが落ちていても、全て拾わなければ気が済まない、という気持ちが無くなりました。
自分の通る範囲で、自分のできる範囲で、地道な行動をしている自分を褒めるようにしました。
完璧にはできなくても、51点取るだけならそんなに難しいことではありません。
51点取れば合格。
60点取れば素晴らしい。
気分が良い時には80点ぐらい取ってみようかな。
というくらいの軽い気持ちになれたんですね。
振り返れば、いつも自分で自分にプレッシャーをかけていたんだと思います。
 
これは先ほど申し上げた私の私情のことだけでなく、仕事でも、プライベートでも、恋愛でも、全て同じです。
よく、全ての人から好かれたいけどうまくいかないと思って、苦しまれる方のご相談に乗ることがあります。
しかし、残念ながらそれは無理なんですね。
水と油は分離するように、光があれば影ができるように、どんな素晴らしく立派な人でも、相性が良くない人というのは存在するんです。
それでも全ての人から好かれたいという願望は、
1+1=2ではなく、1+1=3や4だと押し通そうとしているのと同じです。この世界の理屈に全く合わないんですね。
だから苦しくなってしまうんです。
 
もちろん、始めから51点を目指すわけではありません。
100点を目指す気概で行うのです。
しかしその結果は、100点じゃなくてもいいんです。
51点取れれば合格です。
取れなかった残りの49点は、次により良くするための伸びしろであり修正点です。
そして次回、それを生かして100点を目指せばいいんです。
それを繰り返していけば、いつか自分の思う満点に近付けるのではないでしょうか。
 
『完璧主義』の人もそうでない人も、
人は自分の中の100点を他人に押しつけてしまいがちです。
そしてそれができない自分のことも、他人のことも、許せなくなってしまい、お互いを苦しめる結果になってしまいます。
自分の中の100点が他人にとっても100点かと問われると、そうでない場合がほとんどです。
まして、自分の考える100点が本当に正解かどうかも分かりません。
それくらい私たちはいつも狭い世界で生きているんです。
 
改めて申し上げますが、始めから51点を狙いにいくわけではありません。
その時々の自分の力を使って、100点を狙うつもりで努力をします。
その結果が51点あればそれで合格です。
まずは合格した自分を自分で認めてあげましょう。
そしてその先は、また新たな向上心を持って進んでいきましょう。
 
いかがでしょうか。
私はこの気付きをきっかけに、自分自身とても救われました。
そして、他人を許すことができるようになりました。
これが、『民主主義の歩み方』です。
 
私は、年を重ねて自分の人生の最期、51点であれば合格にしてあげようと思っています。
こちらをお読みいただいたあなたの人生が、少しでもより良くなることをお祈りしています。
 
ありがとうございます。

はねだ とも

不思議な『エネルギー保存の法則』

 

*不思議な『エネルギー保存の法則』*
~誰も教えてくれない本当の話⑦~

 

ありがとうございます。
四柱推命鑑定士、レイキヒーラーの、
はねだともです(^-^)

 
あなたは『エネルギー保存の法則』というのを聞いたことがありますか?
そうです、中学生の時に理科の授業で習ったあの法則です。
ただ今回のお話は、昔習ったものとは少し違う『エネルギー保存の法則』をご紹介していきたいと思います。
あなたの考えや行動が、少しでもより良い方向に進まれるきっかけになれば幸いです。
 
人が生きていくために、食事を摂りますよね。
お米や魚、肉、野菜など様々なものがあります。
人は命のあるもの、命のあったものしか食べません。
石を食べている、鉄をかじっている、なんて人はおそらくいないと思います(笑)
 
さて、命あったものにはエネルギーがあります。
食べ物の栄養成分表を見てください。
熱量やカロリー、エネルギーと表示されていますよね?
その『エネルギー』です。
あなたは命あるものを食べることによって、声を出したり、体を動かしたり、毎日自由に生活することができます。
それは、命あるものからいただいたエネルギーを消費しているからです。
 
さて、仮にあなたが誰かに、酷く傷付けるような言葉を言ったとしましょう。
それを言われた人は、とても辛い気持ちになりますよね。
これは、あなたの発した言葉がその人の心に影響を与えるからです。
 
次に、あなたに酷い言葉を言われたその人が、辛い気持ちを軽くするための憂さ晴らしに、別の人に酷い言葉を言ったり、嫌がらせをしたとしましょう。
すると、今度はまた別の人が嫌な気持ちになりますね。
そして嫌な気持ちになったその人が別の人に、、、
また別の人に、、、
、、、、、、、、、、、、
 
あなたが、お米や魚、肉といった命あるものからいただいたエネルギーは、あなたの行動へと代わり、別の人へ別の人へ、これまた別の人へとエネルギーが移動していきます。
あなたの使ったエネルギーは、どんどんどんどん広がっていきます。
一生消えることはありません。
 
あの日あなたが食べたお魚さんの命が、あなたの行動に形を変えて、もしかしたら、地球の反対側で憎しみあっている人達の原因になっているかもしれません。
逆に、あなたのそばで手を取り合い微笑みあっている誰かの手助けをしているかもしれません。
それぐらい、あなたの行動(エネルギー)というのは、一生消えることなく広がっていくのです。
これが、
『エネルギー保存の法則』です。
 
あなたが『いただきます』と手を合わせて食べる生命。
そこからいただくエネルギーは消えることはありません。
どうせなら、人を喜ばせるためにエネルギーを使いませんか?
 
私達は地球に住んでいます。
エネルギーというのは、同心円状に広がっていきます。
自分の出したエネルギーが最後に行き着く先はどこでしょうか?
 
答えは、自分です。
 
あなたの発したエネルギーは、最終的に自分に返ってきます。
これを、『因果』とも言います。
 
あなたが人を傷付けるようなエネルギーを使えば、それはいつか不幸という形になってあなたのもとに返ってきます。
人を喜ばせるためにエネルギーを使えば、いつかあなたのもとに素敵な出来事となって返ってきます。
 
エネルギーというのは、
『命のバトン』
だと私は思っています。
 
大きくて遠い理想や目標を語る前に、まずは目の前にいる大切な人に喜んでもらえるように、エネルギーを使っていきましょう。
あなたが素敵な行動をすれば、そのエネルギーは消えることなくいつか地球の裏側まで届いていきます。
 
立派なことなんかしなくてもいいんです。
笑顔で生活したり、人の心が明るくなるような言葉を発するだけで、あなたがいただいた命が、『命のバトン』となってたくさんの人に伝わっていきます。
 
この『エネルギー保存の法則』をお読みいただいたあなたの行動が、少しでも素敵になることを願っています。
そして、喜びの『命のバトンパス』があなたから始まり、身近な人へ、遠くで生きている人へ、そして最後はあなたへ続いていき、少しでもたくさんの人が幸せを感じられるような世の中になればなぁ、、、
と願う毎日です。
 
ありがとうございます。